レボフロキサシン 点滴。 レボフロキサシン点滴静注500mg/20mL「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

レボフロキサシン点滴静注500mg/20mL「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

🤣 〈適応菌種〉 レボフロキサシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、大腸菌、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ) 〈適応症〉 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、腸チフス、パラチフス、子宮内感染、子宮付属器炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱. 製品の品質を保持するため、バイアルの外箱は使用時まで開封しないこと。

5

レボフロキサシン点滴静注500mg/20mL「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

👉 クラビットのジェネリック医薬品 クラビットにはジェネリック医薬品があり、先発品にはない剤形も販売されています。 例えば、クラビットを服用した後、1~2時間以上の時間をあけてアルミニウムや鉄剤などを服用するようにします。

2

レボフロキサシン点滴静注500mg/20mL「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

😁 ヒトはDNAジャイレースを有していないが、細菌はDNAジャイレースが必須です。

フルオロキノロン系抗菌薬について

✆ また原薬の苦味をマスクする効果も持ちます。

クラビット(レボフロキサシン)の作用機序と特徴、副作用【LVFX】

🖖 クラビット(一般名:レボフロキサシン)の特徴 肺炎球菌やインフルエンザ菌、ブドウ球菌など、 抗菌薬の中でも幅広い細菌に対して殺菌作用を有する薬がクラビット(一般名:レボフロキサシン)です。 <クラビットの併用注意> ・一部の解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく:痛みや発熱を抑える薬) ・ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)、ブルフェン(一般名:イブプロフェン)、ボルタレン(一般名:ジクロフェナクナトリウム) これらの薬はクラビットと併用したとき、 痙攣が発生する可能性が高まると考えられています。 劇症肝炎(頻度不明 注1)) 、肝機能障害(0. ・てんかんなどの痙攣を伴う病気の人 国内での臨床試験の結果、クラビットを使用して痙攣(けいれん)が発現した報告があります。

5

フルオロキノロン系抗菌薬について

♥ クラビットの副作用 主なものは吐き気、嘔吐、食欲不振などの消化器系症状とめまい、頭痛、不眠、痙攣などの中枢神経系の副作用です。 しかし、クラビットの作用は「どれだけ薬の濃度が高いか」によって左右されます。

15