吉野 奏 美。 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら

吉野の国栖に生まれ、伝統を受け継ぐ心意気

🖕 桜の名所として知られ、山裾から下千本、中千本、上千本、奥千本とほぼ一か月にわたり咲き上る。 「国栖奏」を守る、そして伝える 「国栖奏」は、古墳時代の第15代応神天皇に、国栖の人々が一夜酒を捧げ歌を歌ったことが起源とされており、その400年後にも、大海人皇子(後の天武天皇)が皇位継承を巡って吉野に逃れた際に、国栖の人々が歌や舞でもてなしたと伝えられています。

10

[2020年12月スケジュール]

😚 平成30(2018)年逝去。

俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら

🤭 2020年7月4日以降に配信されるメールマガジンが受信されない場合は大変恐縮ではございますが、メールマガジン会員の再登録をお願いいたします。

18

会員一覧 | 一般社団法人日本民謡プロ協会

☝ それがまさしくこの場所に当たるのかもしれません 応神天皇の時代から奉納される「国栖奏」とは 吉野という土地(特に近くにある「宮滝」)は、天武天皇・持統天皇の御代から聖なる場所として扱われてきました。

3

会員一覧 | 一般社団法人日本民謡プロ協会

✌ 旧制畝傍中学時代に先輩阿波野青畝の選を受け俳句を始め、昭和25(1950)年京大時代「ホトトギス」に投句し高浜虚子に師事、同28年波多野爽波主宰「青」に創刊参加し、第一回「青賞」受賞、同59(1984)年「青」同人を辞して、宇佐美魚目、岡井省二と同人誌「晨」を創刊し代表同人となる。

19

吉野の国栖に生まれ、伝統を受け継ぐ心意気

😂 また、本サイトの検索によって得られた鑑定結果で、第三者を誹謗又は中傷したり名誉を棄損するような行為を禁じます。

3