Cv 挿入 介助。 覚えておきたい!基礎マニュアル【中心静脈カテーテル】

中心静脈カテーテル挿入の介助【いまさら聞けない看護技術】

☘ どなたか理由がわかるかたお願いします。 カテーテルの事故抜去 自己抜去 認知症やせん妄状態の患者であれば自分でカテーテルを引き抜いたり切ったりすることもある。 8 病棟やICUに 中心静脈カテーテルが挿入されている患者さんは多いと思いますが、その目的や種類についてはきちんと理解していない人が多いでしょう。

18

中心静脈カテーテル挿入介助【いまさら聞けない看護技術】

♻ ヘパリン、生理食塩液• 患者の基礎疾患の把握、アレルギーの有無• ポートの穿刺をする時には、必ずこのヒューバー針を用います。 挿入部位、挿入の長さ、縫合固定部の確認• 患者の理解度、安静度、ADL• 高カロリー輸液や化学療法の輸液路とするため、必要時に専用針で穿刺する• カテーテル位置を確認後、指示された輸液を滴下する• 挿入時に気胸や血胸といった、重大な合併症を起こすリスクが低い 末梢挿入型中心静脈カテーテルのデメリット• 本体部分を皮下に、カテーテルを静脈に留置する• 体位は仰臥位で、静脈が怒張しやすいよう頭低位にするとなお良い• ダイレーターを動脈(特に鎖骨下動脈)に挿入してしまった場合は止血困難が予想され、血管外科などの応援の要請を考慮する。 生理食塩水(100ml)、輸液セット• シリンジに触れないよう開封する• 同意書上の患者・家族の署名を確認する• (3) インストラクターは、中心静脈カテーテル挿入に関する十分な経験のある医師を認定し、認定された医師は中心静脈カテーテル挿入を単独で行うことが可能である。

11

中心静脈カテーテル挿入の介助【いまさら聞けない看護技術】

📱 もし、ポート部に穿刺跡が残っている場合は、針穴からの感染のリスクがあるため、入浴時にはフィルムを貼付するほうがよいでしょう。 (4) 認定された医師以外が中心静脈カテーテル挿入を行う場合には、原則としてインストラクターの指導下に施行される必要がある。 入浴時の対応についてお話しする前に、少しCVポートについてお話させていただきます。

14

中心静脈カテーテル(3) 合併症とその対策

🤜 Ns>医師へ補液の指示を確認し投与する。 また、血流感染やカテーテル閉塞が起こった場合も抜去し、入れ替えが必要になります。 コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

CV挿入中の患者について

🙌 縫合固定する• 透視下での処置の場合、放射線被曝予防のためX線プロテクターを着用する• 挿入位置に応じて、技師さんが適宜撮影範囲を調整してくれます。 これもまた、鎖骨下静脈の穿刺は胸腔内陰圧の影響を受けやすいため、他の穿刺部よりも空気塞栓を起こすリスクが高くなる。

中心静脈カテーテル挿入の介助【いまさら聞けない看護技術】

🤫 CVカテーテルから細菌が侵入すると、局所の感染にとどまらずに全身に細菌が周って敗血症から致命的にもなりうる。

20